FF14 日記

1月掛からずマイホーム資金が貯まりました

どうも、おにぎりです。

先日のアップデートで、追加された土地の個人向け販売が解放されましたが
私も念願の個人宅をゲット致しました。

以前いたDurandal鯖では個人宅を持っていて、結構良い金額をつぎ込んで遊んでいたのですが
Garuda鯖へ引っ越して来てからというもの、クラフターから離れて万年ギル欠だったのもあり
個人宅を買うほどリッチな生活は出来ませんでした。

この度、ブログに色々まとめる楽しさもあり
真面目に金策を行った結果、月次で700万ギルを超える利益を出すことが出来ましたので
無事お家を手に入れる事が出来ました。

巷ではあまり評判のよろしくないゴブレットビュートですが
改修以前より割と住んでみると悪くなく、改修後は中央部のプールエリアなど
雰囲気の良いエリアも増え、より良い街になったと思います。

当初(Patch2.1)は鬼の様な価格で僕らを苦しめたハウジングですが
今となっては価格も普通に丁度良い塩梅の価格となり、だれでも目指せるコンテンツとなりました。

余談ですが、Patch2.1当初、所謂レガシー鯖と呼ばれたDurandalは旧14の遺産を大量に引き継いだレガシー民が多く
ギル回収コンテンツと目されたハウジングでは、Yojimboなどの当時の過疎鯖の10倍、Chocoboなどの新規鯖の5倍の価格が付けられ

Sサイズでも最安4000万ギル、Mサイズに至っては1億5000万ギルからという法外な価格が付いており
とても庶民の手の届くものではありませんでした。

実際、ギルを余らせていたレガシー民もこれに飛びつく事は無く
後のパッチでの価格調整が入るまで、空き地しかない状態は続き
当時のフォーラムを実に賑わせたと記憶しています。

ハウジングは、金策の目標として丁度良い価格帯ですし
需要があれば定期的に土地も追加が入ります。
当然良い土地を狙うには、土地の追加直後を狙う必要がありますが
それに向けてお金を貯めるというのも、とても良いモチベーションになるでしょう。

個人ハウジングは、持っていたからと言って出来ることといえば畑くらいですが
やはり自分で好きに弄れる自分の城があるというのは、とても遊び甲斐のあるコンテンツになりますし
ぜひとも目指して頂きたい所であります。

MやLを買うための金策は、なかなかの期間の努力が必要になってくると思いますが
ある程度気軽に目指せるSサイズについては、役に立つ金策情報を発信していければと思いますので
ぜひ今後も見て頂けると嬉しいです。

おにぎり
14歴は根性版末期から。ギリギリレガシーではない。 極リヴァCFが趣味ですが、最近マッチしなくなって悲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA